花のカタチなどにあたって実践しました。それでは、双子葉集まり合弁花(花びらはくっついている)に関してだ。花びらの頭数は4枚か5枚だ。双子葉集まり合弁花はヒルガオ科、キク科、ゴマノハグサ科、キキョウ科、シソ科があります。ヒルガオ科は、ろうとカタチだ。キク科は舌状と管状があります。ゴマノハグサ科は、職場が4つに分かれて表現対称だ。キキョウ科は、つりがねカタチだ。シソ科は、くちびるカタチだ。ネジバナはラン科だ。マムシグサは、サトイモ科だ。トウダイグサは、トウダイグサ科だ。ドクダミ科は、ドクダミ科だ。次は、人材においてだ。紀元前400カテゴリー、ヒポクラテスはギリシア医学の父親と呼ばれていました。350カテゴリー、アリストテレスは生き物学の開山でした。ガレノスは、ローマ医学という解剖学を広めました。レオナルド・ダ・ビィンチ(イタリア)は、体躯解剖図版を作成しました。知らないことも中にはあったので、実践できて良かったなと思いました。ベルタ葉酸サプリ