風土障害などについて稽古しました。風土障害は人間共通の課題であり、地球サイズでの作戦が求められています。しかし、景気営みが活発になるほど自然風土は悪化し易く、自然風土を守ろうとすると景気営みは多少抑制されることになります。そのため、自然風土のルールと景気改善のどちらを優先するかで、各国の利害が対立してある。1992時期に開かれた国連風土制作ミーティング(地球サミット)において、発展途上国は「風土損傷は大国の任務」であるとし、へそくりケアの増額を勧めました。これに対して、大国は人口増しによる自然キャピタルの乱伐や焼畑耕作などが風土損傷につながっていると異議しました。1997時期には、地球温暖化分裂京都ミーティングが開かれ二酸化炭素など6ジャンルの温室反響瓦斯の放出カット目論見などを定めた京都議定書を採択しました(2005時期に発効)。しかし、米は景気養成%が低下すると考え、2001時期に京都議定書からの脱却を表明しました。風土がすばらしくなったらいいなと思いました。ミュゼ 100