Month: 10月 2016

マグマやクリスタル分化反映などについて勉強した

マグマについて授業しました。マグマがマグマですまりの中でゆるゆる冷えるにつれて鉱物がずっとクリスタルし、マグマですまりの下方に沈んでいきます。一方、マグマから鉱物がクリスタルしマグマですまりの後述に沈積すると、残るマグマ自身の化学組成も変化します。このようにして、1つのマグマからクリスタルインパクトによって各種化学組成のマグマが望めるインパクトを、マグマのクリスタル分化インパクトといいます。玄武岩レベルマグマのクリスタル分化インパクトによって最後にできるのは流紋岩レベル(花こう岩レベル)マグマだ。マグマはクリスタル分化インパクトによってその組成が変化していきますが、そのほか島弧ゼロ海溝系の地中では上昇する玄武岩レベルマグマが周囲の岩石をとかし込むことにより安山岩レベルマグマに変化するようなことも起こっています。また、大陸地殻の上部には多量の花こう岩が存在しますが、クリスタル分化作用でやれる花こう岩レベルマグマは決して多くはなく、花こう岩レベルマグマは地殻の溶融によってもつくられていると考えられています。実に勉強になりました。アイフル レディースローン

ELEAGUE GroupB semifinal NiP vs OpTic

NiP vs OpTic戦は波乱の開幕となった。
1Map目のcobblestoneでピストルラウンドを制したOpTicは完全拡散を見せ、食い違いを詰めようとやるNiPをシャットアウト。
NiP側もときおり奪い返すも、次のラウンドに結び付けることができずに3-16という一方的スコアで敗北する。

2map目のoverpassでは一転してNiPの一方的本番に。
当初はさっぱり隙を見せずに13-2と1map目とは正反対の拡散にし、スタジアムのOpTicニュアンスを一掃した。
16-2で本番をとり、本番を無に戻し終了地図へ。

終了mapのtrainはそれまでとの拡散とは一転、お互いに譲らない接戦となった。
NiPがピストルラウンドを束ねるものの、直ちに取り戻し、地図の優位を利用してリード講じるOpTic。
一進一退の口論が続き、6-9で折り返す。
後半の1stラウンドを食するNiPだが、OpTicも当初の還付とばかりにぱっと奪い返す。
だがfribergのスーパープレイも飛びだし、食い違いを同時に寄せるNiP。
強みが消えたOpTicだったが、重要なラウンドでどうにか踏みとどまりNiPを追い詰める。
どうにか1ラウンドを奪い返すも、一部分リードされ財的にも厳しい現状を救ったのはf0restだった。
MAG-7でのクアッドキル、二度と次のラウンドでも3キルを叩きだし、2ラウンドで$10000上記を稼ぎ財面の危惧をいきなり克服。
競争を決めに出向くOpTicだったがエコラウンドを回避したNiPが逆転し、16-14でゲームセット。接戦を見事にものにした。両ワキ vio